メニュー

虫歯治療について

なるべく歯を削らない必要最小限の治療をモットーにしています

当院では「健康な部分は最大限残す」といった
新しい考え方に基づく治療を行っております

虫歯治療と言えば、ドリルなどで歯を大きく削られ「痛い」「怖い」といったイメージをお持ちの方もまだまだ多いことでしょう。もちろん虫歯菌に浸食された部分は除去する必要があります。しかし、昨今の医療技術の進化によって虫歯治療も削る範囲をごく最小限に抑えることが可能になりました。

ご自分の歯に勝るものは他にはありません。残念ながら虫歯になってしまった場合にも、当院ではそれ以上広がらないようにまずは初期の段階できれいに取り除き、健康な部分は最大限残すといった新しい治療の考え方に基づいた虫歯治療をご提供しております。

虫歯は早期の段階で取り残さないことが鉄則!

虫歯治療は「早期に」「できるだけ小さな範囲で行うこと」が基本です。しかしながら異変を感じにくい初期の段階では、ご自身だけで対処することは非常に難しいというのが現実です。だからこそ歯科での定期的なケアが重要となります。

虫歯ができる仕組み

虫歯は口の中にいる虫歯菌の酸によって歯が溶かされることで起きます。虫歯菌は小さなお子さんからお年寄りまで、年齢問わず誰の口の中にも存在しているものです。虫歯菌は磨き残しの中にある糖を栄養源として繁殖し続けます。時間の経過とともに歯垢(プラーク)を形成し、歯を溶かしながらさらに深部へと進行していきます。早期に食い止めることができなかった場合には、いずれ歯髄にまで到達して激しい痛みを生じます。ブラッシング不足を起点に不規則な生活なども虫歯リスクを高めるひとつの要因とされています。

一般的に痛みや違和感を感じる段階ではすでにかなり奥深くにまで虫歯菌が進行している可能性が考えられます。虫歯は長期間放置するほどに感染が広がり、治療しなければならない箇所も広がってしまうものです。

進行する虫歯の段階

エナメル質の虫歯治療

歯の表面を覆っている一番外側の層をエナメル質と言います。無色透明で厚さは2mm程度、神経を防御するという大事な役割を果たしています。しかしこのエナメル質の硬さは個人差が大きく、柔らかい場合には虫歯菌の進行スピードが非常に速くなります。例えばお子さんの乳歯などはその代表格です。予防のためにはフッ素塗布など定期的なコントロールが必要となります。

初期の虫歯には型取りをしないCR修復(コンポジットレジン修復)を行っています

初期の虫歯治療はCR修復(コンポジットレジン修復)が効果的です。削る範囲を最小限に抑えることができるだけでなく、見た目にも自然な仕上がりが期待できます。コンポジットレジンはペースト状や液体であるため柔軟性が高く、歯に与える負担を少なく抑えることができます。

【CR修復のメリット】
  • 詰め物を作るより、治療期間が短く済む
  • 歯を削る量が少ない
  • 見た目が自然
  • ある程度の耐用が期待できる
  • 虫歯や欠けた部分を手軽に修復できる
  • 審美治療のファーストステップに向いている
【CR修復の治療のながれ】
  1. まずは虫歯に浸食された部分のみ最小限に削ります
  2. 光に反応して硬化するコンポジットレジンと呼ばれる歯科用樹脂を、削った部分に流し込みます。
  3. 近隣の歯と色味を揃えるなどの微調整を行います。歯を削ったその日のうちにコンポジットレジンを詰めることができるため1日で治療を終えることができます。
虫歯菌の浸食が広範囲にわたる場合には、型取りを行う虫歯治療が必要となります

虫歯菌の浸食が広範囲にわたる場合には削る範囲も大きくなってしまいます。CR修復での治療が難しい場合には、「インレー(詰め物)」や「クラウン(被せ物)」などの補綴物を用いて失った部分を補う必要があります。補綴物を作成するためには精巧な型取りが必要となります。隙間ができてしまうとそこから再び虫歯が発生してしまう二次虫歯の恐れがあるため、精度の高い型取り技術とその後の定期的なケアが不可欠となります。

【インレーや被せ物などのメリット】
  • 表面にプラークが着きにくい
  • 強度が高い
  • 本来の噛み合わせが考慮されて作られる など
【インレーや被せ物などの型取りを用いた虫歯治療のながれ】

  1. まずは虫歯の浸食箇所をきれいに取り除きます。程度が多いほど除去する範囲も大きくなります。当院では必要に応じて麻酔を使用し、最大限痛みを軽減する治療を心がけています。
  2. 虫歯が取り除かれた歯の形状に合致する精巧な補綴物(インレーやクラウンなど)を作成するために型取りを行います。
  3. 精巧に作られた補綴物を隙間なくはめ込むことで再発しにくい歯へと導きます。
    当院では、金属アレルギーを防ぐためにメタルフリーの治療をおすすめしています。保険内での限られた治療ではなく、腐食の影響を受けにくいさらに効果の高い精密な被せ物もさまざまご用意いたしております。
歯根部分にまで深く進行した虫歯治療について

虫歯がさらに進行すると歯の根(歯根)の部分にまで到達します。虫歯菌に感染した根は腐り、根の周囲には膿が溜まり始めます。ひどい口臭の原因ともなり、最悪の場合には抜歯が必要となります。抜歯した後は歯並びや噛みあわせのさらなる悪化を防ぐために、抜いた部分を補う治療があわせて必要となります。例えば、着脱可能な部分入れ歯や固定式のブリッジ、見た目が自然なインプラントなどさまざまな方法が考えられます。それぞれにおいてメリット・デメリットがあるため、患者さんのご希望をよくお伺いした上で治療法を選択・検討する必要があります。

虫歯部分を取り残さないための精密な切削

再発を防ぐためには虫歯部分の取り残しがあってはなりません。また、詰め物や被せ物の接合部分が精密に合致していないと治療後も再び虫歯リスクが高まります。再治療を繰り返すほどに歯は失われ続け、修復は不可能となってしまいます。

当院では将来的な再治療リスクを減らすためも、治療の基本となる最初の除去段階を大切にしています。肉眼では確認が難しいほどの小さな虫歯も、薬で染色したり顕微鏡レベルに拡大できるマイクロスコープを用いて治療を行うなど精緻な治療を心がけております。また、削る部分も最小限に抑えられるための専門性の高い治療器具を多数取り揃えております。

拡大し診えるマイクロスコープ

目視だけの虫歯治療には限界があります。マイクロスコープを用いて顕微鏡レベルでの繊細な治療を行います。

虫歯を色で確認するため

虫歯によって感染した歯質を染めだし、必要な部分だけ削ります。

直視できない部分を診るため

虫歯は表面的に見えなくても、歯の中で大きく広がっている可能性があります。レントゲン撮影により、見えない部分の確認をします。

虫歯を取り除くために

虫歯を削る際に、多くを削りすぎないようにタービン以外にも様々な切削器具を使い取り除きます。

当院では痛みを最小限に抑える低侵襲治療をモットーとしています

当院では治療の際の痛みを最小限に抑えた低侵襲治療に意識高く取り組んでおります。特に虫歯治療は虫歯菌の影響が大きいほど激しい痛みを生じる可能性があります。治療の範囲や深度に応じて適宜麻酔を使用するなど、痛みを軽減するためのさまざまな工夫を行っております。

例えば麻酔の際に使用する注射器は圧を一定にコントロールできる電動式を使用するなど痛みの軽減に対しては最大限配慮した治療を行っております。削る範囲も最小限に抑え、小さなお子さんの治療においては将来的な歯並びのことなどもしっかりと想定した上での治療を心がけております。

虫歯を予防するための丁寧なブラッシング指導を行っております

虫歯予防には毎日のブラッシングが欠かせません。食事をする際には必ず歯磨きをセットで行うよう、患者さん側も意識していただければと思います。

当院では治療とあわせて正しいブラッシング方法についても担当衛生士が丁寧にわかりやすくご指導させていただいております。歯並びや口腔内の状態は一人一人によって複雑に異なっています。歯ブラシの選び方から当て方、磨き方まで小さなお子さんにもわかりやすくご説明させていただいております。不明点等ございましたらお気軽にスタッフまでご質問ください。

3か月に1回の定期検診を有効にご活用ください

初期の虫歯は痛みや違和感を感じることがありません。そのため、定期的な検診を通じて早期発見することがカギを握ります。これから先の何十年、ご自身の歯を健康に維持し続けられるためにはまずは「虫歯にさせない」という意識を強く持つことがとても重要です。

特にご自宅でのブラッシング状態を確認させていただくためにも、3か月に1回を目安に定期検診にお越しください。痛みや異変を感じてから治療を始めるではなく、予防的な観点をしっかりと持つことが大切です。

歯を失うことはあなたにとって想像以上に大きなダメージを与えます

虫歯治療は早期発見・早期治療が何より鉄則です。虫歯は決して小さなお子さんだけがなるものではありません。本質的に虫歯を繰り返さない意識を持つことがとても重要です。

虫歯は放置し進行するほど削る量も増え、通院期間も費用も大きく膨らみます。歯を失うことは何十年も先のあなたの未来において、肉体的にも精神的にも大きな損失を与えることに繋がってしまいます。直接的に食事の際に困るだけでなく、人とのコミュニケーションを取ることが難しくなったり全身疾患を加速させる可能性も昨今の研究でわかってきました。

健康なご自身の歯に勝るものは他にはありません。末永くご自身の歯を維持するためにも定期検診の機会を有効に活用するなど意識の高いケアに努めていただけたらと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME