メニュー

予防歯科

ご自宅での正しいケアとプロフェッショナルなケアの相乗効果で、
症状の悪化や発症そのものを未然に防ぐことができます

『歯医者さんは歯が悪くなってから行くところ』と考えてはいませんか?
痛みや違和感を感じるようになってから慌ててクリニックに駆け込まれてくる患者さんはとても多いです。それもそのはず、初期の虫歯や歯周病はご自身だけではとても気づきにくいものだからです。

昨今では日本の歯科医療に関する考え方はグローバル化し、海外における予防歯科の発想を積極的に取り入れるようになりました。当院でも患者さんの歯を末永く健康な状態に保つために、虫歯や歯周病を未然に防ぐためのケアに力を入れて取り組んでおります。

予防歯科に取り組むことで生涯の医療費が抑えられるという試算も―

日本では充実した歯科医療を受けられますが、予防歯科先進国と言われる北欧と比べると特に虫歯の本数や、入れ歯を使用する高齢者の割合が高いという数字が顕著に表れます。北欧の国々との決定的な違いは「歯が悪くなってから治療に行くのか」、「そもそも歯を悪くしないために受診するのか」といった根底の考え方の相違に他なりません。

歯が悪くなってから治療にお越しいただくと、歯を削るなどの治療が必要となり、治療する歯そのものの寿命を短くしてしまう可能性があります。さらにはご自身も痛い思いや長い通院期間を強いられることとなり、その結果、クリニックに対して「痛くて辛い場所」という印象が植えつけられてさらに足が遠のくという悪循環に陥ります。

普段から予防歯科の発想を取り入れることで、生涯の医療費が抑えられるという分析結果も出ているほどです。予防歯科はこれからのご自身の長い人生を考える上でとても有益な考え方となります。

生涯自分の歯で食べる喜びを―

日本歯科医師会が推進する『8020運動(ハチマルニイマル運動)』。生涯、自分の歯で食べる喜びを味わうために、80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという取り組みです。

それほどまでに歯を失うということは私たちの生活に深刻な影を落とすものです。食事や会話が楽しめなくなるだけでなく、精神面を含めて想像以上にQOL(quality of life/生活の質)の低下に直結します。もちろん一度失った歯は今の最新の医療技術をもってしても元に戻すことはできません。

口腔内の重大なトラブルを未然に防ぐためにも予防歯科の意義や重要性が今あらためて見直されています。

虫歯や歯周病など口腔内のトラブルには必ず「原因」があります!

虫歯や歯周病になりやすい人

虫歯や歯周病になりやすい場合には以下のような傾向がみられることが多いです。

【虫歯になりやすい要因】
  • 「ミュータンス菌」が多い
    口腔内には外からの病原体の侵入を阻止する「常在菌」が存在しています。それらに対して相対的に虫歯を作り出すミュータンス菌などの量が増えると虫歯リスクが上昇します。
  • 歯の質
    歯の質の強さにも個人差があります。当然のことながら弱いタイプの方は虫歯に浸食されやすいです。
  • 唾液の量が少ない
    唾液は歯についた汚れを洗い流したり、虫歯菌の出す酸を中和してくれる役目があります。しかし、唾液量が少ないとその効果が十分に得られず、虫歯になりやすい環境を作ってしまうこととなります。
  • 日常的に甘い食べ物や甘い飲み物を好む
    虫歯菌を繁殖させる餌は「糖」です。口の中に糖が長く停滞すればするほど虫歯リスクも高まります。特に甘い飲み物や飴をなめることが多い方は、口の中の糖の停滞時間も長くなり、その分虫歯菌が活発に活動しやすくなります。
  • お口の中の清潔を妨げる要因がある
    歯磨きが苦手な方や歯並びが悪い方、矯正治療中で装置が口に入っているような場合にはブラッシングによる磨き残しができやすくなってしまいます。虫歯の繁殖源となるプラークが溜まりやすく、それにともない虫歯リスクも高まります。
【歯周病になりやすい要因】
  • 唾液の量が少ない方や口呼吸が多い方
    本来、口内は常時唾液によって中和された状態が保たれています。しかし、もともと唾液の分泌量が少ない方や、口呼吸によって口内が乾燥しやすい状態となると歯周病が進行しやすい環境となってしまいます。
  • 喫煙習慣がある
    タバコは歯茎の正常な細胞を壊したり、ニコチン成分が歯茎の血行を悪くするため歯周病を加速させてしまう危険があります。
  • 加齢
    年齢とともに免疫力が落ちることで歯周病になりやすい体質となります。
  • ホルモンバランスの変化
    女性は特に妊娠・出産・閉経などによりホルモンバランスが乱れやすいです。ホルモンバランスが崩れることで急激に歯周病が悪化したという事例は多いものです。「妊娠性歯肉炎」という病名もあるように、妊娠中は歯肉が腫れやすかったり出血の頻度が多くなりやすいという傾向があります。また、嘔吐反射のため十分なブラッシングができず、歯周病がさらに進行しやすい口内環境を作ってしまう可能性があります。
  • 過度なストレス
    「ストレスは万病のもと」と言われるとおり、免疫力の低下を引き起こす場合には歯周病にもなりやすくなります。
  • 噛み合わせが悪い
    歯並びが悪いと、噛みしめる際に歯に負担が多くかかり歯周病が悪化しやすくなります。
  • お口の中の清潔を妨げる要因がある
    歯磨きが苦手な方や歯並びが悪い方、矯正治療中で装置が口に入っているような場合にはブラッシングによる磨き残しができやすくなってしまいます。その部分が歯周病になりやすくなります。

ご自宅でのケアとプロフェッショナルなケアを効果的に取り入れて

誰でもできるセルフケアは歯磨きです。クリニックならではのプロフェッショナルな技術を用いた定期清掃を組みあわせることで、精度の高い予防歯科を実現します

おうちでできるセルフケア

丁寧に正しく!毎日のブラッシングを大切に
まずはすべての基本となるブラッシングを毎食後、丁寧に正しく行うことができれば虫歯や歯周病を防ぐことができます。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを併用し、歯間の汚れをしっかり取ることが重要です。
衛生士が効果的なブラッシング法を丁寧に指導させていただきますので、お気軽にご相談ださい。

クリニックでのプロフェッショナルなケア
定期的な歯科検診やクリーニングを積極的に取り入れて

定期的に歯科検診やクリーニングを受けるなど、クリニックならではの専門性高いケアを取り入れることは非常に効果的です。ご自分では気づくことのできない初期の異変も早期発見できたり、ご自宅でのブラッシングで取りきれなかった汚れや硬い歯石をきれいに取り除くことができます。

当院では予防歯科に効果的なさまざまな治療を取り扱っております

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を導入しています

当院では虫歯や歯周病の原因となる歯の表面についたバイオフィルムや歯垢、歯石を徹底的に除去するための専門機器を導入し、従来のクリーニングとは異なる本格的なクリーニングをご提供いたしております。定期的にクリーニングを重ねることで、高確率に虫歯や歯周病を防ぐことが可能です。

また、PMTCは歯の表面の着色汚れを除去し、本来の白い歯の色に近づける効果も期待できます。口臭予防にも効果が高く、多くの患者さんよりご好評をいただいております。歯を削ることはありませんので、痛みを生じることもありません。実際、治療中の心地良さで眠ってしまわれる患者さんは多くいらっしゃいます。

歯の表面につくバイオフィルムは約3ヵ月で再生されることがわかっています。そのため菌の再生サイクルにあわせて3か月に1回を目安に定期的にお受けいただくことをおすすめします。定期的にPMTCを受けたグループと受けなかったグループを比較する研究においては、受けなかったグループが20年間で約70倍もの虫歯になったという研究報告もあります。

強い歯を作るために小さなお子さんにも安心なフッ素塗布

歯の表面に高濃度のフッ素を塗布することで虫歯を効果的に予防することができます。特にまだ歯が柔らかい乳幼児などの虫歯予防にも高い効果を発揮します。年3~4回程度行うことが理想です。

フッ素のはたらき
  • 歯の質を強くする
    歯を守る一番外側の層となるエナメル質をフッ素でより硬く強くすることで、虫歯の原因となる酸に強い歯を作ることができます。
  • 再石灰化を促進する
    酸で歯が溶けて虫歯になりかけている部分を元に戻そうとする作用を「再石灰化」といいます。フッ素にはその一連の過程を促進するはたらきがあります。
  • 虫歯菌の活動を抑える
    虫歯を作る虫歯菌の活動を抑えることで歯を溶かす酸が発生するのを防ぐことができます。

細菌感染リスクに高い除菌効果を発揮する3DS治療

3DS(dental drug delivery system)とは虫歯菌や歯周病菌を減少させる最新の除菌法です。抗菌剤や除菌薬を専用のマウスピースに注入して装着することで、虫歯菌や歯周病菌に対して直接的に作用し、悪性度の高いプラークの定着を抑えます。

もともと虫歯や歯周病のリスクが高い方、原因となる菌を短期間で減らしたい方におすすめの治療法です。最近では口腔内から全身に悪影響を与える「歯原性菌血症」を防止するという効果も期待されており、全身疾患の予防法としても注目を集めています。

カリエスリスク検査で一人一人にぴったりあった「予防プログラム」をご提案いたします

唾液を用いて虫歯のなりやすさを調べる検査です。口内の虫歯菌の数や唾液の量とその質、虫歯の治療歴や食生活などのチェックを細かく行い、「虫歯のなりやすさ」を数値化してチャートでわかりやすく確認できます。ご自身の口内環境の状態を正確に把握することができるため、自分にぴったりとあった対処法が見つけやすくなります。

当院では患者さんお一人お一人にあった「予防プログラム」をご提案いたしております。健康な歯を末永く維持していくためも一度お試しください。

予防歯科における治療費について

予防歯科は基本的に自由診療となりますが、虫歯や歯周病になってからの手間や治療費を考えればメリットは十分にあると考えております。

大人こそ予防歯科の意義をしっかりと理解して―

フッ素塗布や予防歯科と聞くと、小さなお子さんに対しての治療をイメージされる方もいらっしゃると思いますが、歯は人生を終えるその最期の瞬間までご自身で使用するものです。ご自身の健康な歯に勝るものはありません。

歯を失うということは想像以上にあなたの生活に深刻なダメージを与えます。いつまでも健康な歯で食事や会話を楽しむ幸せを味わえるためにも、「歯が悪くなってからの治療」ではなく、「そもそも虫歯や歯周病にならないための予防」という発想にぜひ切り替えて、ご自宅でできるケアとクリニックならではのプロフェッショナルなケアを併用ください。

当院では良好な口内環境を維持するために
担当衛生士がアドバイスを行っています

当院では患者さん一人一人の状態をきめ細やかに分析し、長期で見守るためにも衛生士を担当制でつかせていただいております。小さなお子さんにもわかりやすくしっかりとご指導させていただきます。

基本的にはご自宅でのブラッシングがすべてといっても過言ではないほど重要です。予防のための正しいブラッシング方法をまずはしっかりと覚えて、日々のセルフケアに生かしていただきたいと思います。定期的にクリニックでの専門性高いケアを取り入れることで虫歯や歯周病のさらなる予防効果が期待できます。ぜひ3か月に1度を目安に当院までお越しいただければと思います。

その他、ささいなご質問や普段のブラッシングの仕方など気になることがございましたら、スタッフが随時お答えいたしておりますのでお気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME